リンパケアセラピー

お試し価格3150円

お得な回数券もあります

施術風景

リンパケアセラピーとは

リンパケアセラピーとはリンパ液をリンパ節に流し込むマッサージです。

痛みの原因となる、『老廃物』をリンパ節に流し込むことにより、血流を良くし、身体の栄養素の吸収を高めます。

リンパケアセラピーの効果

効果の図解

  1. リンパの働きが良ければむくみは起こらず、肥満もふせげるのです。
  2. セルライトができにくくなります。
  3. リンパがスムーズに流れて循環が良くなると、体温が上昇、 代謝がよくなって、痩せやすくなりなす。体温が1度上がると、基礎代謝は13%アップするといわれています。
  4. ホルモンのバランスが保たれます。
  5. 身体ケア(予防)に最適です。

リンパケア

老廃物や余分な水分を排出器官に運ぶリンパ液、このリンパ液の流れが滞るとむくみ・こり・冷え・たるみなどの症状が現れます。
リンパ排出法により、リンパ液の流れる方向にそって、流れを整え血行を良くし、この様な症状を改善していきます。
又、リンパケアは新陳代謝を活発にするので檜酸素浴との並行施術で小顔、引き締めなど、シェイプアップ効果も期待大です。

リンパとは

血管よりも皮膚の表面に近い組織に網目のようにあります。

体内の老廃物、毒素、乳酸、脂肪、化学物質、死んだ細胞などをリンパ管を通って、リンパ節で濾過しながら心臓近くの静脈(鎖骨下静脈)に運ぶ仕組みです。

リンパ管・・・
皮膚と内臓に分布しています。
老廃物や余分なものを回収し、心臓近くの静脈まで運ぶ通路の事です。
リンパ液・・・
リンパ管の中を流れる液体のことです。
血液成分にほぼ同じ組織です。ただ赤血球がなく、白血球がやや多いです。
血管から溢れた血液成分や、皮膚、内臓からリンパ管に混入した体液がリンパ液になります。
リンパ節・・・
リンパの中継基地の役割を果たし免疫機能(解毒作用)があります。
体内に600箇所以上あります。

リンパが滞ると

リンパの特長

リンパ液は自分では動けません!

血管は心臓がポンプの役割で全身に巡りますが、リンパにはそれがありません。筋肉の動きなどにより、とてもゆっくり流れています。

筋肉運動 …
骨格筋ポンプ
呼吸 …
横隔筋ポンプ腸蠕動
運動 …
内蔵金ポンプ
外部からの刺激 …
リンパケア

リンパ管は皮膚組織に分布しているため皮膚組織に刺激を与えることで、リンパの循環を促進する事が可能です!!

リンパケアの始まり

入院患者の免疫・排泄機能を高めるために、医療行為の手段として行われたのが始まりです。

患者は思うように体を動かすことが出来ない場合が多く、リンパがな かなか流れません。
その結果、免疫・排泄機能が低下し、病気もますます治りにくくなってしまいます。

その患者さんのリンパを流してあげて、免疫・排泄機能 を向上させようと行われたのが、リンパ・ケアです。

PAGE TOP▲